離婚相談専門サイト|熊本市の山崎法律事務所

MENU

面会交流

面会交流とは?

面会交流とは?

面会交流とは、離婚によって子供と離れて暮らす親が、子供と会ったり連絡を取ったりする「面会交流権利」のことをいいます。

面会交流について口約束をしておくだけだと、後に「子供に会わせてもらえない」「勝手に子供に会う」といったトラブルが起きやすくなるので、離婚の際に取り決めをしたことを公正証書にきちんと残しておくことが重要です。

面会交流が認められない例

面会交流は親の権利として認められていますが、次のようなケースでは認められない場合があります。

  • 子供や親権者が暴力を受ける可能性がある場合
  • 子どもを連れ去る恐れがある場合
  • 面会交流で取り決めた内容を守らず、勝手に子供と会おうとする場合

など

面会交流の取り決め方法

原則は、両親が協議して決めます。両親が協議しても決めることができないとき又は協議ができないときは家庭裁判所に調停を申し立て、調停で話し合っても決まらないときには2つの方法があります。
離婚については合意できているのであれば、離婚をした後に面会交流の調停を起こし、そこでも話し合いがつかなければ裁判所に審判で決めてもらいます。すでに離婚しているときも同じ手続です。離婚についても争いがあるときには、離婚裁判の判決の中で裁判所に決めてもらいます。

山崎法律事務所からの
アドバイス

山崎法律事務所からのアドバイス

当事務所で多いのが、「面会の約束を守ってくれない、子供と会わせてくれない」というご相談です。
面会交流のトラブルは比較的発生しやすいので、法律を踏まえた協議や調停をおすすめしています。

まず1回、子供と会わせる方向に持っていくと、その後がスムーズになることもあるので、それぞれのケースに応じて柔軟にサポートいたします。

top
オフィシャルサイト ナズナ想