ホーム > 養育費・婚姻費用

養育費・婚姻費用の例

養育費について

養育費について

子供を育てていくには、子供の衣食住の費用や、学校に通うため、医療をうけるため、娯楽のためなど、多くの費用がかかります。この子供を育てていくのにかかる費用が養育費です。
離婚によって夫婦の法的関係は解消されてしまいますが、親と子供の関係は一生涯続いていきます。
そして、親は、子供が大人(成人)になるまで、子供を育てていく義務があります。
離婚の結果、子供と一緒に生活している親は、生活費や教育費を自分の収入から負担しています。
子供と一緒に生活していない方の親も、子供と毎日会えず一緒に生活を送れなくても、子供の養育費を払っていく義務があるのです。
養育費は、離婚した相手(配偶者)に支払うのではなく、自分の子供に支払うということをお互いがよく認識剃る必要があります。
養育費の支払い額は、現在、子供を養育するにあたり、いくら費用がかかっているのか、将来子供が成長していく過程でいくらくらい必要になるかなど、子供の将来成人するまでに必要なお金を夫婦で検討しましょう。
また、夫婦でお互いが持つ財産がいくらあるのか、夫婦での今後の収入はどれくらい見込まれるかなども検討材料に加えたうえで、最終的な支払い額を算出しましょう。
支払い期間に関しては、子供の最終学歴のめどや成人になるまでの年齢等によって設定することが多いです。
期間は出来る限り明確に設定するようにしましょう。

養育費・婚姻費用例

case1
子供の人数と年齢:2人 16歳、9歳
義務者の年収 : 年収400万円(給与所得)
権利者の年収 : 年収100万円(給与所得)

上記の場合、婚姻費用の金額は月額8万~10万円


case2
子供の人数と年齢:2人 6歳、9歳
義務者の年収 : 年収400万円(給与所得)
権利者の年収 : 年収100万円(給与所得)

上記の場合、婚姻費用の金額は月額4万~6万円


case3
子供の人数と年齢:2人 16歳、17歳
義務者の年収 : 年収500万円(給与所得)
権利者の年収 : 年収300万円(給与所得)

上記の場合、婚姻費用の金額は月額10万~12万円


case4
子供の人数と年齢:2人 12歳、14歳
義務者の年収 : 年収600万円(給与所得)
権利者の年収 : 年収200万円(給与所得)

上記の場合、婚姻費用の金額は月額6万~8万円


case5
子供の人数と年齢:2人 6歳、10歳
義務者の年収 : 年収800万円(給与所得)
権利者の年収 : 年収200万円(給与所得)

上記の場合、婚姻費用の金額は月額14万~16万円


case6
子供の人数と年齢:2人 4歳、8歳
義務者の年収 : 年収800万円(給与所得)
権利者の年収 : 年収0万円(給与所得)

上記の場合、婚姻費用の金額は月額12万~14万円

養育費・婚姻費用一式ダウンロードはこちら>>

養育費の取り決めは文書にしましょう!

養育費の取り決めは文書にしましょう!

養育費は約束していても途中で支払われなくなる事が少なくありません。
特に相手が再婚した場合、その傾向が多く見られます。そのため養育費の約束は文書にして残しておくといいでしょう。
お互いの合意文書の作成だけでは法的な強制力はないため、合意内容を強制執行認諾条項付きの公正証書にしておくことをおすすめします。
また家庭裁判所で調停・審判離婚した場合には、調停調書、審判書で給料の差し押さえなどの強制執行が可能になります。
過去の分の養育費は、請求の意思表示をしたそれ以降の分のみしか請求出来なくなるので、裁判所に申し立てる前に内容証明郵便などで請求の意思表示をしておくようにしましょう。

いずれにしても養育費とは、別れた配偶者のために支払われているものではなく、何よりも子供が成長していく必要なお金であり、そのために支払われるものであることを、支払う側も、受け取る側もよく認識する必要があります。
離婚をしたからといって子供が幸せになるように務めるのが親としての子供に対する最低限の義務だからです。

約束通りに養育費が支払われない時は・・・

約束通りに養育費が支払われない時は・・・

家庭裁判所での調停、審判により金額が決定している場合、家庭裁判所より『履行勧告』や『履行命令』を提出する事ができます。
その依頼に費用はかかりませんが、法的な強制力は一切ありません。
調停調書や和解調書、審判書、判決などで条件が定められている場合、強制執行という手段があります。
これにより、諸条件ありますが、子どもが成人するまでの将来の養育費についても、差し押さえることができます。

アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市
中央区安政町4番19号
TM10ビル7階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ