ホーム > 離婚の種類

離婚の種類



離婚の種類

協議離婚

協議離婚は現在の日本での離婚の約90%を占めており、夫婦間の合意さえあれば特別な理由は必要ありません。
夫婦間で諸条件面での話し合いが成立すれば離婚届を作成して市区町村役場に提出し、離婚届が受理されると離婚が成立します。離婚届に記入する事は夫婦の署名、捺印、2人以上の成人の証人の署名と捺印です。
子供が未成年の場合は、親権者をどちらにするのか記入する必要があります。
協議離婚は他の離婚方法に比べ手続きが簡単で、書類さえ提出すれば高額な費用もかからずに離婚が成立します。
その反面、本人に離婚の意思がないのに勝手に離婚届を提出されてしまう恐れもあります。又養育費や慰謝料、財産分与などの交渉がしっかり決まっていなくても離婚の手続きだけが先行してしまう事もあるため注意が必要です。

調停離婚

協議離婚で話し合いがまとまらない場合、家庭裁判所で調停となります。
現在の日本での離婚の約9%が調停離婚です。
家庭裁判所といってもすぐに弁護士と契約して裁判しないといけないというわけではありません。
家庭裁判所では、家事相談室にて無料相談を行っていますので、調停の際に不安や心配などがあるときはまず相談してみるのもよいでしょう。
調停への呼び出しに、正当な理由も無く出頭しないときは5万円以下の罰金が科せられます。
離婚の話し合いに応じてくれない相手などには、強制力が働きますので調停で話し合いましょう。
調停の申し立てには、申立書を家庭裁判所に提出する必要があります。
申立書は裁判所にあるものに必要事項を記入して、申し立て費用は申立書に貼る印紙と切手で、2.000円程度費用が発生します。
添付する書類は、夫婦の戸籍謄本と、夫婦関係が破綻した事を証明した資料や証拠があれば合わせて添付します。



審判離婚

家庭裁判所における調停が成立しない場合に、家庭裁判所が職権で離婚を宣言します。
どうしても譲れない点がある場合や、調停が成立寸前にも関わらず出頭しなかった場合、調停が終わり最終的な離婚の合意までもう少しの所で気が変わったなどの理由で調停が成立しないときに、家庭裁判所が当事者の双方にとって不公平な結果にならないように離婚や、親権慰謝料、財産分与の決定などを行う事があります。
どちらかの当事者が異議を述べれば効力を失いますが、この異議には理由はいりません。

国際離婚

国際離婚で問題になるは、それぞれの国の法律が異なったり、子供の出国についてや手続きの複雑さになります。
日本国外で離婚して子供を日本に連れて帰りたい場合や、日本国内で離婚して自分に親権もあるにも関わらず相手が自分の国に子供を連れ出してしまった場合など、子供の連れ出しについてはどの国でも問題で、ハーグ条約のなかでも「子供の奪取に関する条約」として取り上げられていますが、日本はこの条約に批准していません。又、各国によって裁判制度が異なるため離婚するのが国内なのか国外なのか、国外の場合はどこの国なのか、子供がいる場合の法律はどうなっているかなど、一概にどうすれば良いというのはありません。
国際離婚の場合、夫婦の現住所、同居しているのか別居なのか、共有財産をどちらの国に所持しているか、親権の所在などによって必要な手続きが変わってきます。
どちらかの国の裁判所で確定させた判決を相手方の国でも有効にさせなければならなかったり、日本で認められている協議離婚が外国では認められていなかったりなど様々です。
国際離婚に詳しい専門家に相談した方が良いでしょう。

和解離婚

離婚裁判手続の中でお互いが和解し、その合意に基づいて離婚をする手続きです。

判決離婚

離婚裁判を起こし、裁判所の判決により離婚する手続きです。

離婚する前の心得と知識

その1 : 本当にもう一度やり直すことができないのかを一度考えてみましょう

悪いのは本当に夫or妻だけか
性格の不一致と考えるなら、どのように不一致なのかを具体的に文章で紙に書いてみる

その2 : 離婚の3原則

離婚を決意しても、半年から一年を準備期間としておくこと
離婚後の生活のために、結婚中から仕事を始めておくこと
自分の貯金を百万円程度は蓄えておくこと

その3 : 黙っていてはもらえない離婚にまつわるお金

慰謝料
婚姻破綻の原因を作った配偶者に対して、請求する精神的苦痛に対する代価。
ただし時効は三年間。

財産分与
夫婦が結婚中に協力して貯蓄した財産を、割合に応じて分割、分与するよう請求できる制度。
財産分与の請求は離婚後2年以内にしなければならないため注意が必要。

養育費
親権の有無に関わらず、父母は子の養育費を負担する義務があり、分担の割合は父母の資産、収入、その他の事情を考慮して決定する。
離婚後でも必要に応じて請求できるが事前に決めた方が良い。

今日より早い日はありません。少しでもお悩みでしたら是非ご相談下さい。

アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市
中央区安政町4番19号
TM10ビル7階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ