コラム

2017年3月22日 水曜日

有利?!

ナズナ想を更新しました

離婚調停のご相談,ご依頼をお受けするとき,尋ねられることがあります。
弁護士に依頼すると,離婚調停を有利に進めることができるでしょうかと。
離婚調停は,離婚裁判と違う種類の戦いなのです。
離婚裁判では,裁判官という第三者が最終的な判断を下します。
そこには,勝ち負けという現象が生まれます。
弁護士が離婚裁判での経験に基づいて,合意をするべきところを適切に助言することができるというメリットをとらえて,離婚調停を有利に進めることができると評価するのであれば,誤りではないと思います。


「有利?!」弁護士コラム「ナズナ想」

アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市
中央区安政町4番19号
TM10ビル7階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ