コラム

2013年11月20日 水曜日

1票の格差

ナズナ想を更新しました。
昨年12月に行われた衆議院総選挙における1票の格差について,最高裁大法廷は違憲状態であるとの判断を示しました。
違憲ではなく違憲状態という判断ですので,イエローカードであってもレッドカードではない,とりあえず合憲ということでしょう。
投票価値の平等というのは,民主主義・選挙制度の根幹に関わるものであり,きわめて形式的な判断がなじむ,そこで,1票の格差が1:2になれば違憲である。
私は学生時代にそのように習いました。
果たして,そのように考えて良いのでしょうか。
http://www.yamasaki-lawyersoffice.jp/blog/2013/11/entry_2169/

アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市
中央区安政町4番19号
TM10ビル7階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ